メインコンテンツに移動

生年月日を入力してください。

I am of legal drinking age in my location

ウェブサイトにアクセスすることで、あなたは利用規約と個人情報保護方針に同意したものとみなされます。アルコールに関する責任についての情報は

卓越性の源泉

圧力下での忍耐: 第二次世界大戦中のスコッチウイスキー業界

E600CA23-A5CF-4F30-BC0F-7E8B830451E0@2x 5月 13 2019 · 4 min read

歴史には、良くも悪くも永続的な影響を与える瞬間があります。 過去の選択が自身を定義することになり、また、過去に下した決断が、現在に影響を及ぼすことも少なくありません。 第二次世界大戦は、スコッチウイスキー業界とザ・マッカランを決定的に変えた出来事のひとつであり、その影響は今日でも見られます。

1939年に第二次世界大戦が宣言されると、政府にウイスキーの製造と販売が制限されることになりました。 制限に至る要因は数多くありましたが、中でも食糧省による配給が大きく影響しました。 蒸溜酒を製造するための大麦の備蓄分は、人々の食糧に転用されました。その結果、モルトウイスキーの生産量は急速に減少しました。事実、1940年から1944年末頃まで、法令によりグレーンウイスキーの蒸溜所のウイスキー製造が禁じられ、違法な製造を除き、スコッチウイスキーの生産量はほとんどありませんでした。

結果として、戦時中のウイスキー全生産量は、戦前の1939年に生産された量とほぼ同じになりました。 また、配給によりウイスキー製造に割り当てられた大麦の価格が高騰し、多くの小規模の独立した蒸溜所は、苦労しながら大麦を購入していました。

MACALLAN whisky history image of casks in distillery
MACALLAN whisky history Images of men standing in doorway
MACALLAN whisky history Image of Easter Elchies House

ザ・マッカランも、小さなスコッチウイスキーの蒸溜所のひとつでした。

20世紀の初めに、ロデリック・ケンプ氏は、自身が亡くなってから後の家族の事業への投資を保護するため、ケンプトラストを設立しました。 第一次世界大戦後は、彼の義理の息子であるアレキサンダー・ハービンソン博士が経営しました。 第二次世界大戦中、第一次世界大戦の制約からすでに減少していた生産レベルを維持し、また、評判どおりの基準に見合う品質レベルを維持するため、トラストは他の産業と共に戦っていました。

スコッチウイスキー産業の第二次世界大戦の事実

10.7

百万ガロン。 1939年、戦前の蒸溜量

3.2

百万ガロン。 1941年に蒸溜量が減少し、結果として1945年までほぼ生産できないほどになりました。

3.7

百万ガロン。 スコッチウイスキー協会(SWA)の働きかけにより、業界の崩壊を恒久的に回避するために規制を緩和し、1944年から45年にかけて生産された量

1954

ウイスキー用穀物に対する政府による増税がようやく廃止された年

新規生産の制限と21年前の戦争の反動で熟成したウイスキーのストックの不足が重なり、業界は窮地に立たされました。 事業を継続するために、熟成した分の在庫を大幅に減らして長期的な安定性を損なうか、熟成度の低い蒸溜酒を使用し、ウイスキーの品質を下げるリスクを取るか、どちらかを選ばざるを得なくなりました。

一瞬たりとも妥協せず

ウイスキーの品質を妥協せよとの圧力は強く、ウイスキーをさらに発展させるために多くのウイスキーの質が低下しました。 また、多くの蒸溜所が爆撃により犠牲になりました。 業界全体で約450万ガロンのウイスキーが失われたと推定され、これは戦時中のウイスキー生産量の1年分に相当しました。

また、この期間の困難は、さらに明確な圧力が物語っています。 原料価格が高騰し、販売にかかる税金が非常に高く、熟成したウイスキーが非常に希少だったため、小規模な蒸溜所は、在庫を売り、資本の恩恵を受けた方が良かったのです。 事実、多くの小規模蒸溜所がこの時代の“犠牲者”となり、主に成熟した製品として大企業に買収されました。

大手企業や大規模の蒸溜所は、この時期に制限を乗り切れる資金力を持っていたため、有利な状況にありました。 この傾向は戦後も続き、小規模な蒸溜所は地元の大手企業や外国企業に買収されたことで、輸出意欲が高まりました。
MACALLAN-distillery easter-elchies-house

このような大きな外圧にもかかわらず、ケンプ・トラストは ザ・マッカラン ウイスキーの品質を低下させることを拒みました。 資源転用のために蒸溜を中止せざるを得なかった時期も、トラストには先見の明がありました。この時期に売却して短期的な利益を得るよりも、成熟したウイスキーを安全に保管しておいたのです。

そのような状況下でも、トラストは粘り強く戦い続けました。

買収されるかもしれないという危機感と、当時の厳しい税制にもかかわらず、ケンプ・トラスト氏は屈しませんでした。 戦時中も外部からの投資を受けず、家族経営で蒸溜所を維持し続けました。 犠牲と不屈の精神が必要でしたが、自身の先を弱体化させうる選択はしませんでした。この忍耐力は今日の私たちのビジョンにも欠かせないものです。

Discover

ザ・マッカラン シェリーオーク18年

熟成したオーク、ジンジャー、レーズンのしっかりとした風味を持ち、明るいマホガニー色の自然な色合いが引き立つ、ザ・マッカランを代表する1本です。

Read next

Thumbnail

未来を支える: 蒸溜所内の技術革新と調和

E600CA23-A5CF-4F30-BC0F-7E8B830451E0@2x 5月 13 2019 · 3 min read
Thumbnail

ルーツへの回帰:マッカラン ザ・モルト Part2

E600CA23-A5CF-4F30-BC0F-7E8B830451E0@2x 5月 13 2019 · 3 min read