メインコンテンツに移動

生年月日を入力してください。

I am of legal drinking age in my location

ウェブサイトにアクセスすることで、あなたは利用規約と個人情報保護方針に同意したものとみなされます。アルコールに関する責任についての情報は

パートナーシップ

マスターズから学ぶマスターズ

E600CA23-A5CF-4F30-BC0F-7E8B830451E0@2x 7月 06 2021 · 5 min read

The MacallanとBentley Motorsは、より持続可能な未来という長期的なビジョンと、革新と卓越性への献身を共有することで結ばれています。 今回のパートナーシップは、両ブランドに根付いた実績と深い伝統を認識する一方で、革新的な製品、没入感のある体験、魅力的なストーリーテリングを共同で行うために、共に前進することに重点を置いています。  

 

持続可能性の追求

それぞれの分野の先駆者として、私たちはより良い明日を実現するために、今日のオペレーション方法をすでに変えています。 今日の決定が数十年後、数百年後にどのような影響を与えるのかを意識したカストディアンシップは、常に私たちの考え方と行動の中核をなしています。 木の旅への投資を選択したり、世界的な圧力に直面しても妥協しないなど、私たちの過去には、私たちの技術と価値の完全性を維持することを選択した人物がいます。

今日、この不変の指針と考え方は、私たちのすべての行動の中心にあり、熟練、クラフトマンシップ、妥協のない卓越性という価値観に反映されています。 それは、より深いレベルで目的を共有することで、ブランドと消費者やコミュニティを結びつける力となります。

私たちは、同じようなパイオニア精神を持つBentley Motorsに出会いました。Bentley Motorsは、独自のイノベーションの歴史と、創業以来ブランドを形作ってきたビジョンを持っています。

このBentley Motorsとのユニークなグローバルブランドパートナーシップは、サステナビリティに関する共通のビジョンに基づいており、この分野で先駆的なブランドであるBentleyと学習や専門知識を交換することができます。 私たちの尊敬するブランドは、マスタリー、クラフツマンシップ、クリエイティビティ、イノベーションという同じ価値観を共有しています。

Igor Boyadjian, Managing Director for The Macallan
Casks in The Macallan Distillery for Bentley Partnership
Bentley Factory for The Macallan Partnership

Bentley Motorsについて

1919年にロンドンで設立されたBentley Motorsは、1924年から1930年の間にル・マン24時間レースで5回の優勝を果たし、モータースポーツの世界で瞬く間に有名になりました。その後、自動車業界の頂点に立ち、他に類を見ない方法でラグジュアリーとパフォーマンスを融合させることで、比類のない地位を築きました。

100年以上にわたり、Bentleyはグランドツーリングを定義してきました。そして今、持続可能なラグジュアリーモビリティのグローバルリーダーになるために、その歴史の中で最大の変革を遂げようとしています。

さらに詳しく

しっかりとした基盤

持続可能性、創造性、革新性はThe MacallanとBentley Motorsの両方にとって重要な要素であり、これらの分野で先駆的なブランドと学びを共有する機会は、私たちのパートナーシップの核心です。

ザ・マッカランのサステナビリティ戦略には、4つの礎があります。

  • 私たちを取り巻く地域社会の持続的発展を促し、ポジティブな社会の実現に貢献します。
  • ザ・マッカラン・エステートのカストディアンシップを育成・推進し、イースター・エルキースを後世に残す。
  • シングルモルトウイスキーの高級感と、責任あるパッケージを使用することによる地球保護のバランスをとる。
  • 木材や大麦を調達する森林や畑を維持するために、サステナブルなサプライヤーと提携しています。

このたび、イノベーション、環境パフォーマンス、コミュニティ開発などの主要分野におけるサステナビリティへの取り組みが評価され、世界的に認められているサステナビリティ認定機関であるPositive Luxuryからバタフライマークを授与されました。

マッカラン・エステートでは、2021年末までにエステート内の乗用車の20%を電気自動車にすることを約束し、2025年までに100%電気自動車にするという目標を達成する予定です。 蒸溜所のエネルギーの80%は再生可能な非化石燃料を使用しており、業界(スコッチ・ウィスキー協会)の目標よりも10年早く、2030年までにカーボンニュートラルを達成する予定です。

そのこだわりは、パッケージにも表れています。 輸送用パッケージの100%、製品パッケージの98%は、サステナブルな素材の調達基準を満たしており、サステナブルまたはリサイクルされたパッケージのみを使用していますが、2025年までにこの98%を100%にすることを目標としています。

ザ・マッカランは、ローカル・ソーシング・ポリシーも作成しました。 つまり、必要なスキルや素材が現地で調達できる場合は、現地で調達し、必要に応じて地理的に広げていき、素材やスキルを獲得していくということです。  

さらに詳しく
The Macallan Distillery at Night

Bentley Motorsのサステナビリティへの取り組み

ベントレーモーターズは、本拠地であるイギリスのクルーにあるベントレーモーターズ本社が、2019年に世界初のカーボンニュートラルな高級車工場となるなど、サステナビリティに関する意思表示を大胆に行っています。 また、自動車会社として初めて、炭素、水、廃棄物に関する「カーボン・トラスト・トリプル・スタンダード」の再認定を受けており、現在、3万枚以上のソーラーパネルで、サイトで必要な電力の40%を賄っています。

Bentley Motorsは、Beyond 100戦略を発表し、最も持続可能な高級自動車会社になるというビジョンを示しました。 完全に包括的な計画では、2030年までにエンド・ツー・エンドでカーボンニュートラルになるという野心的な目標を掲げています。

この目標は、Bentley Motorsのオペレーション、人材、製品全体にわたる変革プログラムによって推進されます。 これには、2026年までにプラグインハイブリッド車またはバッテリー式電気自動車のみ、2030年までに完全な電気自動車のみを提供するよう、モデルレンジを変更することが含まれます。

Bentley Motorsとのパートナーシップに続き、マッカラン・エステートでは、2025年までに完全な電気自動車を導入することを目標に、プラグインハイブリッド技術を搭載したBentley Bentaygaを導入する予定です。

さらに詳しく

統一されたビジョン

私たちは、共通の目的を持つ組織とのパートナーシップを模索しています。Bentley Motorsのイノベーションとサステナビリティのビジョンは、私たちのビジョンと一致しています。

クラフトマンシップ、創造性、革新性への献身をもって、私たちは、妥協のない卓越性を追求し続ける一方で、持続可能性における学びを共有することにより、共に並外れた旅に乗り出します。

持続可能性

パートナーシップ