メインコンテンツに移動

生年月日を入力してください。

I am of legal drinking age in my location

ウェブサイトにアクセスすることで、あなたは利用規約と個人情報保護方針に同意したものとみなされます。アルコールに関する責任についての情報は

持続可能なサプライネットワーク

E600CA23-A5CF-4F30-BC0F-7E8B830451E0@2x 6月 03 2021 · 4 min read

ドングリからカスクまで

The Macallanの優れた品質や自然な色、顕著な香りやフレーバーを加えるのに大きな役割を果たしているのが、独自のオーク樽なのです。 そのため、特別注文のカスクに使用されるヨーロッパやアメリカのオーク材は、私たちにとって重要な資源であり、安定した品質でなければなりません。  

そのため、他のどのシングルモルトウイスキーよりも木材に多くの時間、労力、資源を投入しています。スペインのヘレスにある協同組合で、ヨーロピアンオークのカスクを独自に製造しています。 その後、シェリー酒のボデガと協力して樽の味付けを行い、マッカラン・エステートでの最初の充填のために輸送されます。

DC_McCurry_Stuart_Macpherson_wood

木の匠

この工程は、南スペインの専用オフィスで、マスター・オブ・ウッドのスチュアート・マクファーソンが監督しています。 スチュアートは、ヨーロッパとアメリカの厳選された地域から特定の種類のオークを調達しています。

ヨーロッパ産のQuercus Robur/Petraeaはスペイン北部とフランス南部から、アメリカンオークのQuercas Albaはスペインのサプライヤーを通じてアメリカ東海岸から調達しています。

プロべナンスとトレーサビリティーの検証

このように木材の選択を慎重に管理してきた結果、私たちはオークを調達する地域との間に永続的な絆を築き、それらを守るための強い責任感を持つようになりました。  

特定の樹種を購入し、カスクの製造工程を監督するだけでなく、地域の供給源への主要な木材供給の認証されたトレーサビリティを確立することも、スチュアートの任務です。

スチュアートは、スペインの監査チームと緊密に連携し、木材サプライチェーンにおけるサプライヤーベースの出所、プロセス、調達を精査しています。2025年までに、ザ・マッカランはヨーロッパの木材サプライチェーンの地域別トレーサビリティーの認証を取得し、その後、米国でも同様の認証を取得する予定です。

カスク・カストディアン

ザ・マッカランの樽に使用されるオーク材は、非常に長いライフサイクルを経て、私たちの手元に大切に保管されます。 卓越した技術、クラフトマンシップ、そして偉大な忍耐力によって定義された遺産です。私たちが次の樽を作るために選んだオークは、倉庫管理チームとウイスキー製造チームの何世代にもわたって、何十年にもわたって優しく手入れされます。  

エステートでは、独自のトラッキングシステムにより、すべてのカスクにコードが割り当てられ、それぞれのカスクの旅、使用、取り扱い、サンプリングを注意深く追跡することができます。詰め替えないと決めた樽は、ガーデンファニチャーやバーファニチャーなど別の用途に再利用されたり、チップにして調味料や動物の敷料、バイオマスとして利用されたりすることがわかっています。

進化し続けるサーキュラリティへの取り組み

私たちは、循環型社会の原則に強く賛同しており、ヨーロッパのカスク製造工程で発生する余剰木材の一部について、さらなる責任を負うことができると考えています。

スペインからスコットランドへの既存のカスク輸送に湿った木材のバッチを含めることで、主要なサプライヤーと研究開発プロジェクトを実施し、パッケージやウイスキーアクセサリーの製品群にこの木材を組み込むことで、どのように再利用できるか、またどのような規模で再利用できるかを検討しています。
The Macallan 50 Years Old Bottle Shot with Wooden Box
barley_close_up
Farming barley for the Macallan single malt whisky

持続可能な大麦農業

当社の大麦供給ネットワークは、Sustainable Agriculture Initiative Platform - Farm Sustainability 2.0 (SAIP)を通じて、最高の独立認証FSA基準を受けています。 認証されたソースからの種子を使用し、安定した高品質の収穫を実証した英国の農家からのみ調達されます。  

また、IBD(Institute of Brewing and Distilling)に承認された大麦品種を生産し、すべての農法について完全に追跡可能な記録を提供できることが条件となります。

プログレッシブパッケージングの原則

ギビングバック