メインコンテンツに移動

生年月日を入力してください。

I am of legal drinking age in my location

ウェブサイトにアクセスすることで、あなたは利用規約と個人情報保護方針に同意したものとみなされます。アルコールに関する責任についての情報は

自然な表現

未来を支える: 蒸溜所内の技術革新と調和

E600CA23-A5CF-4F30-BC0F-7E8B830451E0@2x 5月 13 2019 · 3 min read

投資とはいろんな点において、持続するものに対して構想を持つことに尽きます。豊かで卓越した歴史を持つウイスキー蒸溜所として、私たちは当然、長期的な展望に立っています。20年後、30年後、そして50年後、私たちの行動がどのような影響を与えるかを予測するのではなく、すぐ目の前の未来を思い描くことを学びました。

投資から得られる報酬やじっくりと考えて導き出された長期的な構想と比較すると、短期的な見返りは重要度は下がります。このような考え方や視点は、新しい蒸溜所と訪問者体験を計画したときに重点をおいた主要な軸の1つでした。現時点の自分たちを超えるのに必要な未来を支えることが、今回の革新的な計画の中心でした。

Macallan barley fields in speyside
MACALLAN-whisky-speyside-distillery-image-of-trees
MACALLAN-whisky-distillery-speyside landscape

環境との調和

The Macallan蒸溜所は、「偉大な景観として価値のあるエリア(Area of Great Landscape Value)」(GLV)に分類されているスコットランドの田舎にあり、新しい訪問者体験は地元の環境を第一に設計されました。建築事務所Roger Stirk Harbour + Partnersの構想は、地域の保全に同調する建物の建設であり、視覚的にそして実質的にも達成されました。 The Macallanエステートは周囲をスペイサイドの丘陵に囲まれており、私たちの建物のデザインにもこの自然のリズムが反映されています。

敷地を流れる美しいスペイ川は最高水準の保護地区に指定され、「指定特別保護地域(Designated Special Area of Conservation、SAC)」となりました。スペイ川は数百年も前からサケの人気の釣り場で、近くにある湧き水の深井戸から、新しく作る原酒のための水を供給しています。スペイ川に近接していることから、雨水が川を汚していなかったことを、建設期間中を通じて保証しなければなりませんでした。 このような事態を予測し、建設期間中、環境保護者と当社の環境専門家とが緊密に連携し、野生生物が保護されていることを確認してもらいました。

資源の循環

この規模のプロジェクトを実施する際に必要とされる、特定の「業界標準」が存在します。私たちは現状を超えるために、レベルを引き上げて挑戦し、自主規制で「資源の循環」系統を設計することにしました。可能な限り再生可能エネルギー源を利用し、産業界の目標を超えることに挑戦しました。

水準を上げる

1

The steam from a biomass energy-generating plant close-by is used to power our boilers, reducing the carbon footprint of our previous energy supply from gas.

2

We repurpose the heat from the stills to heat the Visitor Experience.

3

Any surface water from the building roof and car-park is managed via a Sustainable Urban Drainage System (SuDS), a natural approach to drainage which helps prevent water pollution and flooding.

4

Our cooling water is locally sourced from the River Spey.

稼働中の蒸溜所には、リサイクルの有機ゴミを使用したバイオマス発電の熱と、自家発電の電気を利用しています。その結果、消費されるエネルギー源の大半が再生可能エネルギーとなっています。

蒸溜所の規模は拡大していますが、以前の製造場所と比較して、製造されるアルコール1リットル当たりに使用するエネルギーは減少しています。発生した廃棄物はわずかに増加している可能性がありましたが、当社の副産物「ドラフ(搾りかす)」と「ポットエール」(醸造樽に残った穀物とウォッシュスチルに残った液体)は、ローゼスにある近くのCoRDeバイオマス発電所で燃料や飼料として使用されています。

MACALLAN whisky pipes inside speyside sustainable distillery

スペイサイドのThe Macallanの豊かな歴史は、ブランドとしての活動を特徴付ける価値を形成し、同時にブランドの美しい故郷を作り出し未来に投資するという構想を示しています。

この構想は、木材の調達から多様な協力関係に至るまで、私たちの活動のあらゆる面で具現化されています。ブランドの故郷を新しく建設することで生まれた障害に対し、革新的な解決策の発見に挑戦することは、現状を超えた卓越性を称え、自分たちの製品に誇りを持つためのもうひとつの方法でした。

Read next

The Macallan Casks resting in warehouse

持続可能なサプライネットワーク

E600CA23-A5CF-4F30-BC0F-7E8B830451E0@2x 6月 03 2021 · 4 min read
Thumbnail

A New Distillery and Visitor Experience, a New Vision for the Future

E600CA23-A5CF-4F30-BC0F-7E8B830451E0@2x 10月 31 2018 · 5 min read